mes.gif

無料!
健康ヘルスメータ・ドクターフードでは血液検査を入力するだけで、その人に必要な栄養素365日分の献立やレシピなどの栄養アドバイスサービスが無料でご覧になれます。

安全!
勿論SSLにて暗号化して通信しており、個人情報の保護も徹底しておりますので安心です。

簡単!
サービス開始には↓をクリックし、下の新規登録ボタンから血液検査の結果を入力するだけです。

『超安心レシピメーカー』はこちらからどうぞ。パソコン版/携帯版
toroku.gifドクターフードバナー

2010年08月09日

日経8/5大機小機で本来消費税はどうすべきなのでしょうか?需要供給曲線で考えると、消費税増税を行えば需要が左下に下がり、物が売れなくなりGDP低下と最悪の道。国債増発による生活支援策が必要。

【日経新聞8/5大機小機:消費税引き上げ論を考える】 を読んで、
久方ぶりにツイート&ブログ更新します。

民主党管代表が、迷走する中、本来消費税はどうすべきなのでしょうか?
課題は、少子高齢化が発端となった社会保障・年金だけだと仮定して
その原資をどう捻出するかを考える必要があると思います。

需要供給曲線で考えると非常にわかりやすいですね。

消費税増税を行えばDemandが左下に下がり、物が売れなくなるので市場価格
は下げるしかなくなり企業の利益率低下→GDP低下

つまり絶対消費税増税をしてはいけないのです。

国債増発による期間限定生活支援策によりDemandが右上にあがり、
物が売れるようになるので供給量も増加。労働賃金の下方柔軟性が
進んでいるわけですから企業の利益率は格段に上がりGDPは上昇
さらには賃金の上昇、Supplyが右下に進み、良いスパイラルが形成
できれば国債返済もさることながら、社会保険・年金に充当できるのです
ことがわかります。

みんなの党の渡辺代表がこの観点で消費税増税なしと説明しているので
あればすばらしいですね。便宜上国債増発という言葉は
「子や孫の世代への借金の肥大化」という風潮をマスコミ誇張すので
あえて言うのを控えているだけで、これを考えているのであれば
本当にすばらしい。

これも以前の大機小機に書かれていましたがバーナンキFRB議長の
「いくら規制緩和しても効果なし」の失言によりダウ平均下落による
円高、日本株下落となりましたが、やはりこのような発言は禁句であり
日米とも国債増発はMUSTであり、経済効果をどのような策で進めるかが
争点だと思います。


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 03:13 | 東京 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 大機小機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

日経7/28大機小機「不確かな時代の確かなこと」を読んで、企業たちがグリーンニューディールに目を向けたが米国は先送り、欧州は景気対策優先で失速、では日本はどうする?答えはピーターFドラッカー流のイノベーション。社会の取り巻く環境が変わったときこそチャンス。

【日経新聞7/28大機小機:不確かな時代の確かなこと】 を読んで、
久方ぶりにツイート&ブログ更新します。
本日のポイントは3つ
 @米国FRBバーナンキ氏が自国経済の潜在リスク
  いくら規制緩和しても効果小
  売り先新興国の見通し
  以前世界リーダシップはない
 A日本も同じ状況
  失われた20年
  国際地位も低下
  一時的な景気回復も新興国によるもので先行き不透明
 B成功体験の落とし穴
  顧客の変化に気づけない
  顧客と向き合えない
  自己満足するエンジニア
筆者の思い
・成功体験を捨てる勇気と多極・多様化に合致したイノベーションをすべき
・不確かな物は不透明な先行き経済
・確かな物は今まさにイノベーションが必要だと言うこと。
総括
あらゆる企業がグリーンニューディールに目を向けたが米国は先送り、欧州は景気対策優先で失速、では日本はどうする
答えはピーターFドラッカー流のイノベーションなのです。社会の取り巻く環境が変わったときこそチャンスです。
成功体験を捨て顧客のニーズやかかえる課題に着目することが大事なのではないでしょうか?


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 02:33 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大機小機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

自民党大勝は民主党の税金・国債の使いみち不透明から。問題はみんなの党がうけてしまうことに日本の弱さがある。豊かさを望まない、みんなと同じが安心、困難は避けて通り、子育てより資格、公務員を目指す、夢はどこへ?夢がみられる社会制度改革を望みます。

本日の選挙は予想を超える、自民党議席の獲得と、地方票(一人区)の獲得が
できず民主党大敗、やはりみんなの党の勢いは凄かった。


ツイッターのつぶやきで本日の民主党大敗についての菅直人総理
の「消費税増税論で墓穴を掘った」等の責任問題についていろんな方が
話されていました。

以下は浜矩子同志社大学教授ツイッターの引用ですが、

>日本は個人所得所得税に偏り、サラリーマンの源泉所得税に依存しすぎ。
>日本は高齢化少子化で頭数が減っていくという中で政策や行政が
>回らないのは当たり前、だから国籍を問わず誰からも取れる間接税を
>ウェートを高めていくのが当たり前。それが消費税議論の基本。

私は少し考えが異なります。間接税や累進課税は、富裕層のマネーが
海外に流れる悪いながらを拾うこととなりそうです。共産党の法人税増税
も同じで、外資系企業がこないことになります。
今や日本の人口は減少傾向で、海外にマーケットを移さなければならない
状況下で、逆効果です。消費税が無難な税収となることはしかたがないと
思いますが、地方が瀕死の状態で消費税10%はさらなる不況を招く
こととなり、段階的な施策が必要だと思います。


今回の選挙は、
私は消費税増税論があったから大敗になったのではなく、
不透明な税金の適用範囲やぶれる政策に、特に一人区の地方から
NGをつきつけられたのだとおもいます。
逆に大勝であった自民党の社会保障に消費税増税が認められたわけでは
なく単純に民主党がNGなだけで、みんなの党がうけてしまう理由
が日本の弱さのだと思います。

日本も2000年前後のITバブル時に外資系企業が進出し、
日本人の多くもアメリカンドリームを夢見たと思います。
しかし、9.11テロ、リーマンショック等により、豊かさを望まない、
みんなと同じであれば安心、困難は避けて通りたい、
子や孫の世代はどうでもよいと思う、ネガティブな日本人に戻ってしまった
ような気がします。
子供を産まない世代が蔓延したのはその象徴だと思います。
今更ながら次の世代に金の卵をいっぱいにできなかったこと、
がんばることが美徳であるとの社会制度が重要。失われた10年20年と
嘆いている場合ではなく、育児の支援策、無償化等その時にすべきだった
ということがわかります。

もう手遅れなのでしょうか・・・

今回の選挙結果によりねじれ国会で、ほぼ全ての法案が進まないことは、
国際社会でスピードを求められる日本のアキレス腱になりそうです。

また、地方に対する景気対策の確実な施策は難しいと思います。
私はスマートグリッド/光回線の拡充/クラウドによる住民基本台帳
をベースとした社会保障/医療、介護、年金に中央と地方のブリッジ
となる双方向の情報共有に活路があると思います。
それにはやはり投資が必要ですからまず国債の増発が必須かと思います。
だれがこの状況で国の借金を申請して中央活性化の確実な基本構想が
だせるのか・・・、かなりのリーダシップが必要なので無理だと
あきらめざるをえないのでしょうか?



ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 05:00 | 東京 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク
ドクターシーラボ ドクターシーラボ ドクターシーラボ
医療機器、材料の情報と医師紹介、医師 転職登録を無料にて提供 meddev.jpg
健康になる為に、食生活からの改善を支援しています。健診情報を入力することで本人に取って適切な食品をアドバイス致します。本人に適した毎日の献立メニューを提供しております。情報は無料にて提供しております。メタボ健診対応。 drfood.jpg
個人が培った経験をみんなでシェアできる為の情報サイトです。 ダイエット食品比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。