mes.gif

無料!
健康ヘルスメータ・ドクターフードでは血液検査を入力するだけで、その人に必要な栄養素365日分の献立やレシピなどの栄養アドバイスサービスが無料でご覧になれます。

安全!
勿論SSLにて暗号化して通信しており、個人情報の保護も徹底しておりますので安心です。

簡単!
サービス開始には↓をクリックし、下の新規登録ボタンから血液検査の結果を入力するだけです。

『超安心レシピメーカー』はこちらからどうぞ。パソコン版/携帯版
toroku.gifドクターフードバナー

2008年12月23日

献血で糖尿病もチェック

 日赤は17日、街頭などで献血した人に無料で実施している血液検査に、糖尿病の疑いがあるかどうかを調べる項目を新たに加えると発表した。来年3月から始める。
 食生活の欧米化などで患者数が増え、国民的にも関心が高くなっている糖尿病を検査対象とすることで、深刻化する献血者の減少に歯止めをかけるのが狙い。
 日赤は「糖尿病の検査は、これまで献血者からも要望があった。予防には定期的な検査が有用で、健康管理に役立ててほしい」(血液事業本部)としている。〔共同〕

詳細はこちらです。




ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 01:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

脂肪分ゼロのヨーグルト

 森永乳業は25日、脂肪分ゼロのプレーンヨーグルトを12月1日に発売すると発表した。脱脂粉乳を主原料にし、特殊な膜を通すことで塩分やえぐみを抑え口当たりよく仕上げた。ヨーグルト市場は横ばいだが、脂肪ゼロの商品の販売は好調。主に健康管理に敏感な40歳代以上の夫婦に売り込み、初年度50億円の売上高を目指す。
 商品名は「ビヒダスプレーンヨーグルト 脂肪0(ゼロ)」で、価格は500グラム入り210円(税別)。全国のスーパーなどで販売する。
[2008年11月26日/日経産業新聞]

詳細はこちらです。



ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

健康食品に認証制度

 厚生労働省は1日「健康食品」として流通している食品について、第三者機関による認証制度を導入する方針を固めた。健康への効果をうたった食品は年々、需要が拡大している。一方で、粗悪な原料が使われたり、薬事法に抵触する違法な手法で販売されたりするケースが後を絶たない。このため、同省は安全性確保などのための規制策を検討していた。
 新たに導入される認証制度では、(1)原材料の安全性(2)製造工程での品質管理――の二点を重点的にチェックし、消費者の安全確保を目指す。

詳細はこちらです。


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

都市部の人は「よく歩き、肥満も少ない」

 都市部の人は、よく歩き、肥満の割合が低く、地方は肥満の人が目立つ――。こんな傾向が、政府が28日に閣議決定した08年版食育白書で分かった。1日の歩行数を都道府県別で見ると、2千歩以上の開きがあった。
 歩行数が少ない順に、男性が(1)高知6173.1歩(2)山形6207.2歩(3)徳島6217.7歩。女性は(1)山形5214.8歩(2)和歌山5842.4歩(3)岩手6005.7歩。内閣府は「地方は車の利用が多いからでは」と分析する。女性で高知が最も歩行数が多いが、高知県健康づくり課は「階段を使うなど健康づくりを推進しているが、理由は分かりません」という。
 肥満の人の割合は全国平均が男性(20〜69歳)29.3%、女性(40〜69歳)26.6%。歩行数が多いところは平均を下回り、歩行数が少ないところは上回る傾向が見られる。
[2008年10月28日/朝日新聞]

詳細はこちらです。



ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

内臓脂肪レベル一目で

 健康機器大手のタニタ(東京・板橋、谷田千里社長)は内臓脂肪の状態を分かりやすく表示する体組成計3機種を発売した。日々の測定結果をグラフで示す機能や、危険度に応じて点灯するランプの色を変える機能をつけ、測定時に自分の健康状態をひと目で把握できるよう改良。メタボリック(内臓脂肪)症候群の予防に重点を置いた。
 「BC―566」は内臓脂肪が多いと赤、少ないと緑など3段階でLEDランプが点灯する。基準日を設定すると、日々の内臓脂肪が基準日よりも多いか少ないかを矢印で表示する。40歳以上の男女を主な顧客対象に据えた。
 価格はオープンで店頭実勢は1万―1万5000円のもよう。3機種合計で発売後1年間に23万台の販売を見込む。
[2008年10月6日/日経産業新聞]

詳細はこちらです。



ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

糖尿病なりかけに『緑茶』が効果

 緑茶を1日に7杯分ほど飲むことで、糖尿病になりかかっている人たちの血糖値が改善することが、静岡県立大などの研究でわかった。健康な人で緑茶をよく飲んでいると糖尿病になりにくいという報告はあるが、高血糖の人たちの値が下がることを確認した報告は珍しいという。
 緑茶に含まれる渋み成分のカテキンの摂取量を一定にするため、いったんいれたお茶を乾燥させるなどして実験用の粉末を作製。これを毎日、湯に溶かして飲むグループと、飲まないグループに無作為に分け、2カ月後の血糖値を比べた。
 平均的な血糖値の変化を、「Hb(ヘモグロビン)A1c」という指標でみると、緑茶粉末を飲んだ人たちは当初の6.2%が、2カ月後に5.9%に下がった。飲まなかった人たちは変わらなかった。飲まなかった人たちに改めて飲んでもらうと、同じように2カ月間で6.1%から5.9%に下がった。
 2グループで体格や摂取エネルギーなどに差はなく、緑茶からのカテキン摂取量が血糖値に影響したらしい。1日分の緑茶粉末は一般的な濃さの緑茶で湯飲み(約100ミリリットル)約5杯分のカテキンを含み、緑茶粉末を飲んだ人では普通に飲んだ緑茶と合わせ1日に約7杯分のカテキンをとっていた。
[2008年10月4日/朝日新聞]

詳細はこちらです。



ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

メタボ対策市場、20%弱拡大の1兆6600億円

 場調査会社の富士経済(東京・中央)はメタボリック(内臓脂肪)症候群対策の関連市場調査をまとめた。それによると健康食品や一般用医薬品、外食、フィットネスサービスなどを総合した2008年の市場規模は、07年比18.7%増の1兆6613億円になると推計した。「糖質ゼロ」などとうたうアルコール飲料や健康管理ソフト、ダイエットDVDなどの需要が大幅に伸びると見ている。
 分野別では、市場が最も大きい飲料・食品が1兆4580億円と19.1%増える見通し。ファミリーレストランなどでの対応メニューを含む「外食・中食」は33.1%増の209億円と大幅な伸びを見込む。
 調査員による関連企業への聞き取り調査や、統計データなどを総合して推計した。

詳細はこちらです。



ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

健康食品原料の産地・加工場所をHPで公開

 ファンケルは9日、同社で扱っている健康食品のすべての原材料について産地と加工場所を公開すると発表した。16日からホームページに掲載する。サプリメントや青汁、発芽米など117品目が対象で、原材料は400種類にのぼるという。健康食品でこれだけ広範な原産地を表示するのは初めて。成分について信頼性を高め、売り上げ拡大につなげる。
 公開するのは原材料が収穫された国・地域と、商品を製造した国・地域の情報。たとえばサプリメントの「ブルーベリー」では原材料が6種類あり、そのうちカシスエキスはフランスが原産地で、加工場所はイタリアというように表示する。季節や天候の変化で原材料が変わった場合は、即座に反映する。
[2008年9月10日/日経産業新聞]

詳細はこちらです。


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

お台場に巨大ヘルスメーター

 健康をはかるリーディングカンパニーである株式会社タニタ(東京都板橋区前野町1−14−2、社長・谷田千里)は、ヘルスメーター発売50周年記念イベント「ComeSta2008」(※1)を9月27日(土)にアクアシティお台場アクアアリーナ(東京都港区)で開催します。メタボ元年といわれる2008年。メタボリックシンドロームの予防に主眼をおいた特定健康診査・特定保健指導が始まり、生活者の健康に対する関心がこれまで以上に高まっています。こうした中で健康をはかる最新の技術や機器、そして歴史に実際に触れて感じてもらうことで健康への認識を新たにしてもらおうというのが狙いです。

詳細はこちらです。


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 07:11 | Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

メタボ対策に期待の新成分

 (株)ファンケルはこのほど、ジョージア医科大学との共同研究を通じ、発芽玄米に含まれる成分のうち、メタボリックシンドロームや糖尿病によって促進される動脈硬化の予防・改善効果が期待できる成分「発芽米ステロール配糖体」を発見した。同成分は、ジョージア医科大学の糖尿病ラットによる実験で、動脈硬化の因子となる物質(ホモシステインチオラクトン)を分解する働きがある抗酸化酵素の活性を高めることが分かっている。
 今回の結果により、同成分がメタボリックシンドロームを予防改善する可能が示唆された。同社では今後、さらに研究を進め、ヒトでの臨床試験を日本と米国で実施。また、発芽米を積極的に拡販していくほか、発芽米ステロールを配合したサプリメントの開発を視野に入れ、研究開発を進めていく。

詳細はこちらです。


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

野菜で食道がん予防

 野菜や果物の摂取量が多い男性は、食道がんになるリスクが低いとの疫学調査結果を、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)が14日、発表した。
 合計摂取量を推定して3グループに分けると、摂取量「高」のグループは「低」に比べリスクがほぼ半減。摂取量が1日当たり100グラム増えるとリスクは約10%低下した。特にキャベツや大根、小松菜などで関連がみられた。調査は岩手など8県の45―74歳の男性約3万9000人を、1995年から平均で約8年追跡。この間に116人が、日本人の食道がんの大半を占める扁平上皮がんになった。
[2008年8月14日 共同]

詳細はこちらです。


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

メタボ「気になる」58%

4月から特定健診が始まったメタボリック症候群が気になる人は6割近くおり、男性より女性の方が関心が高いとの調査結果を、民間調査会社の日本リサーチセンターがまとめた。
その結果、メタボリック症候群が「非常に気になる」と「やや気になる」を合わせると58%。男女別では、男性の55%に対し、女性が61%と上回った。特定健診の対象者は40―74歳だが、男性は30代の関心が1番高く、次いで50代、70代の順。女性は50代、60代、40代の順だった。

詳細はこちらです。



ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

あんパンなのに砂糖なし

薬局がパン屋に持ちかけて、珍しいあんパンをつくった。砂糖を使わないあんと大豆を使った生地で、熱量と糖質を大幅に減らした。「血糖値が上がるからパンなんて何年も食べてないよ」。糖尿病のお年寄りが薬局で漏らしたひと言がきっかけになった。
秋田県能代市、赤玉薬品の熊谷陽三専務(61)と白神パン工房の山田哲也社長(55)。日本食品分析センター(東京)の調べなどによると、2人が考案したあんパン(1個60グラム)は一般的なものより熱量が28%少ない121キロカロリー。糖質は53%少ない13.5グラムになったという。一方、食物繊維とたんぱく質は倍以上になった。
[2008年7月30日 朝日新聞]

詳細はこちらです。


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 06:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

運動で糖尿病予防

糖尿病の予防を目的にする場合、どの程度の強さの運動が必要なのだろうか。
お茶の水女子大准教授の曽根博仁さん(生活習慣病医学)は「簡単に言えば、自分で『ややきつい』と感じるぐらい」と解説する。
曽根さんによると、「ややきつい」運動で筋肉が刺激されると、筋肉が血中の糖を取り込む働きが活発になる。
一方、あまり激しい運動をすると、体はそれを強いストレスと感じ、ストレスに対抗するホルモンを出す。これらには血糖値を上昇させる作用もあり、激しい運動は逆効果になりかねないという。
[2008年7月24日 読売新聞]

詳細はこちらです。



ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 20:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

カロリー3割減のおにぎり

サークルKサンクスは、1個当たりのカロリーを約3割減らした「THINK BODYカロリーコントロールおにぎり」3種を22日から順次発売する。こんにゃくに含まれる食物繊維成分「グルコマンナン」を米粒状にしたものをコメに混ぜて炊きあげ、食べごたえを保ちながら126―131キロカロリーに抑えた。若い女性やメタボリック(内臓脂肪)症候群を気にする中高年の男性に売り込む。
「のり佃煮」(125円)と「うめむすび」(110円)、「わかめごはん」(115円)の3種類がある。つくだ煮に使う甘味料もカロリーの少ないものにしたという。

詳細はこちらです。

米の替わりにコンニャクというのが面白いです、食感も気になります。


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

メタボ 日本の診断基準

現在のメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の診断基準では、心筋梗塞(こうそく)などの恐れを予測できない――福岡県久山町で、住民の健康診断の結果などを基に続けられている研究により、こんな問題点が明らかになった。
久山町は、福岡市に隣接する人口約8000人の町。50年近く前から、脳卒中や心臓病、糖尿病といった生活習慣病などについての研究が続いている。
成果の一つに、メタボリックシンドロームの診断基準の是非を問う研究がある。この症候群は、腹囲、血圧などの数値を、心筋梗塞や脳梗塞になりやすいかどうかの目安とし、予防のため、生活習慣の指導を行う特定健診・保健指導が今春始まった。
[2008年7月11日 読売新聞]

詳細はこちらです。


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

ドラッグストア、全店に栄養士配置

ドラッグストア大手のカワチ薬品は3年内に約200の全店舗に栄養士を配置する。無料で来店客の健康相談に応じ、食事指導をする。栄養士の全店配置は大手で初めて。ドラッグストアはセルフ式を基本としてきたが、特定健診・特定保健指導の開始で食事に関心を持つ消費者が増える中、健康相談を売り物とした対面販売で客を囲い込む。ウエルシア関東なども栄養士の活用を始めており、同様の動きが業界に広がりそうだ。
[2008年6月13日/日本経済新聞 朝刊]

詳細はこちらです。


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

健康づくりに「生活検定」

生活習慣病とはどんな病気? メタボリックシンドロームの診断基準は? 体脂肪1キロを燃やすには何キロカロリーのエネルギー消費が必要? 健康づくりの基礎知識をチェックする「健康生活検定」を一般社団法人「健康生活推進協会」(東京都)が今年度から始めた。
国の「健康日本21」「食事バランスガイド」といった健康推進の指針などに基づく基礎知識を勉強してもらい、習得度を測るのが狙いだ。医師の監修で教材も作った。「病気を未然に防ぎ健康な生活をおくるには、まず正しい知識から」と協会。
[2008年6月25日/朝日新聞]

詳細はこちらです。


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 01:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

ロデオボーイの効果強調、不当表示

番組のショッピングコーナーなどで紹介した乗馬型の運動機器について、体験者の実験結果として表示した体重の減少幅が、実際の効果を著しく上回っていたとして、公正取引委員会は12日、テレビ朝日に対し、景品表示法違反(優良誤認)のおそれがあったと認定し、警告を出した。民放キー局が同法違反で処分を受けるのは初めて。
公取委によると、同社が販売していた商品は「ロデオボーイ2」。1日1時間の使用を3週間続けたモニター14人の体重が1.4〜6.6キロ減少したとする実験結果の一覧を表示したボードを使って番組内で紹介した。
[2008年6月12日/朝日新聞]

詳細はこちらです。

ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

低GI食品の宅配

【静岡】栄養食品開発のアオノミート(静岡市、青野盈瓠社長)は血糖値の上昇を防ぐ食事の宅配事業に参入する。静岡県立大学との共同研究をもとに、食事後に血糖値が上がりにくい献立を開発。新たなメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策として売り込み、健康意識の高い家庭の需要を開拓する。
宅配サービスは「カラダECO」のブランド名で展開する。血糖値の上がりにくさを示す「低GI」を主題に、静岡県立大食品栄養科学部の市川陽子准教授と献立を共同開発した。2年かけて臨床試験に取り組み、提供するすべての食事で低GI値を実現。肥満や糖尿病の予防への効果を訴えていくという。

[2008年6月12日/日経産業新聞]

詳細はこちらです。


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク
ドクターシーラボ ドクターシーラボ ドクターシーラボ
医療機器、材料の情報と医師紹介、医師 転職登録を無料にて提供 meddev.jpg
健康になる為に、食生活からの改善を支援しています。健診情報を入力することで本人に取って適切な食品をアドバイス致します。本人に適した毎日の献立メニューを提供しております。情報は無料にて提供しております。メタボ健診対応。 drfood.jpg
個人が培った経験をみんなでシェアできる為の情報サイトです。 ダイエット食品比較
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。