mes.gif

無料!
健康ヘルスメータ・ドクターフードでは血液検査を入力するだけで、その人に必要な栄養素365日分の献立やレシピなどの栄養アドバイスサービスが無料でご覧になれます。

安全!
勿論SSLにて暗号化して通信しており、個人情報の保護も徹底しておりますので安心です。

簡単!
サービス開始には↓をクリックし、下の新規登録ボタンから血液検査の結果を入力するだけです。

『超安心レシピメーカー』はこちらからどうぞ。パソコン版/携帯版
toroku.gifドクターフードバナー

2008年03月31日

シミと髭の脱毛(経過報告)

勢いのあるIT社長であるなら「元気な顔にシミなどあってはならない、白髪も気合いで黒くしていくぞ!」をミッションとしてはじめたレーザ治療ですが中間報告を致します。<2/24のブログ内容>
http://uchiken.seesaa.net/article/86365392.html

なんと、シミがとれました。びっくりしております。目立つところに1カ所、横にも1カ所、両方ともなくなりました。
髭も薄くなったといいますか、あご付近の一部毛がなくなり、
他の部位も髭が生えるスピードが格段に遅くなった感があります。
このように結果が思い通りでると次回行くのが楽しみです。
今回も表参道のオーバル皮フ科クリニックさん
http://www.ovalclinic.com/)のスーパカウンセラーの尾崎さん
にレーザ照射をして頂き、このように2回目で目に見える結果に大変満足しております。
当初シミの事を相談して、髭も含めた顔全体をご提案して下さって本当に感謝して
おります。当初2〜3万ぐらいでシミがなくなればと思っていましたが、1回では
無理で、5回ぐらいのレーザ照射しないと結果がでにくいとのことでした。その5倍の金額
を受けとめるには半信半疑ではありました。尾崎さんが今では女神様に見えます。
本当にありがとうございます。
写真はシミがとれる前のカサブタの状態です。

CA390001.JPG

ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

シミと髭の脱毛

多忙でブログ更新できていなかったので近況を棚卸しします。

食と健康・美容を主眼とするブログのミッションとして
お恥ずかしいのです、勇気を振り絞って公開しなければならないと思いました。
年齢が増すにつれてシミが濃くなってきました。IT社長であるなら「元気な顔にシミなどあってはならない、白髪も気合いで黒くしていくぞ!」の勢いでLシステイン配合・ハイチオールCを2ヶ月続けていましたが結果がでないので、半ば諦めかけていました。
表参道のオーバル皮フ科クリニックさんをインターネットで見つけてこれだと思い、電話・訪問しました。
http://www.ovalclinic.com/

カウンセラーの尾崎さんのリコメンデーションにより、シミだけでなく髭も脱毛できると言うことになりチャレンジすることになったのですが、レーザ照射は以前に別のクリニックでテスト的に受けて痛かった記憶があり、不安炸裂でした。
しかし顔表面に塗る麻酔があって痛みはちょっとですみました。
費用はそれなりにかかりましたが次回は1ヶ月後で、幾分シミも髭も薄くなったとの周りの評判に嬉しく次回が楽しみです。

とりあえず実施前の状態はこの通りです。

実施前.JPG

ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

病気の話 その4

ちょっと間隔があいてしまいましたが、前回までの話はこちらです。


病気が判明したものの「早急に手術が必要です。」と告知されて知人は色んな問題に直面しました。


仕事の問題、お金の問題、家族の問題・・・


しかし、一番大きな問題だったのは、どの病院に入院するのかということでした。


脊髄腫瘍という神経の手術を出来る病院は多くないようで、選択肢としてはA病院と県外のB病院の2つしかありませんでした。

A病院は知人の自宅と職場の間ぐらいで比較的近い新しい病院です。
ただ同じような病気の患者さんは年の数人ほど

B病院は他県のなるのでとても遠いのですが、大病院で同じような患者さんが全国から集まってきて、症例が沢山あります。


結局知人はA病院に決め、入院しました。


この話を聞くと病院を選ぶのも大変なものだと思います。


B病院の実績は多分申し分ないのでしょうが、県外となるとやはり難しいのでしょうか?


知人はやはり家族の近くにという意識もあったようです。


手術という大変不安ことを行うわけですから、家族が頻繁に面会に来れる距離がいいと言ってました。


つづく

ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

XaviX ボクシング

早いものでダイエットプロジェクトを開始して2ヶ月以上立ちますね(汗)。


相変わらず最近も忙しく、あまり運動出来ていませんが、食事に気をつけること、


XaviXのボクシングだけは一応気をつけてやってます。



現在の体重は・・・



78キロをいったりきたりといった感じで、ちょっと落ちづらくなってきてはいます・・・が、継続は力なり・・・という言葉もありますからこつこつがんばってます。



あ、そうそう、XaviXのボクシングでバレンチノを倒しました!



これはちょっと嬉しかったです。(マニアックすぎてすみません)



最近はRAZとの戦いに明け暮れています(笑)



0513.JPG

ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

病気の話その3

前回は病名が脊髄腫瘍と判明するまでお話しました。

やっと病名が判明したものの「腫瘍」という言葉に頭の中が真っ白になってしまったとのこと。


結局・・・「調べて見ないとわかりません。あなたのような患者さんは年に10人ぐらい来ます。脚が痛いと言われてはじめは、坐骨神経痛かと思いました。」


「しかし、どうしても気になることがあって肩から下を撮ってみたところ。脊髄の中の神経に腫瘍があることが分かりました。大抵の場合は歩けなくなって小水の垂れ流し状態になり、この病気は分かります。そうなる前に判明したのですから、あなたは幸運でした。」と言われたそうです。


そして・・・「一時を争います。早急に手術が必要です。」と言われたのだそうです。


今まで原因不明の痛みに耐えているだけだったのが、病名が判明したことにより、目の前に色んな問題として次々と現れてきるようだったとのことです。


「手術?いったいどれぐらいかかるのだろう?期間は?費用は?」


「仕事は休めるのだろうか?」


「至急に手術が必要なほどなのだろうか?いやもうこの痛みに耐えられない」


「そもそも手術をすれば治るのだろうか?」


様々な思いと不安・疑問が頭をよぎり、早く考えをまとめなければならない状況でしたが、なかなか頭の整理がつかなかったといいます。


その4に続きます


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

病気の話2(脊髄腫瘍)

前回の話では原因不明の足の痛みに悩まされ、神にもすがるまで追い込まれてしまった所までお話しました。

しかし、そんなおまじないで治るはずもなく、日増しに痛みはひどくなり、その上、脚はまるで鉛でも引きずっているように重く、歩くのに「イッチニ、イッチニ」と声を出しながら、気合を入れて歩かないと、脚が上がらないと言う状態まで担ってしまいました。


その頃の話を知人は「このままでは車椅子を余儀なくされるのも時間の問題だなと ある種の覚悟もしました」と言っていました。


転機が来たのは職場の同僚に「ある病院に大学病院の整形外科の権威ある先生が来るそうだ。行って診てもらったら」とアドバイスされ、藁にもすがる気持で行ってみたことでした。


それまでは足の痛みだったので腰から下しか撮らなかったMRIの撮影を、その先生は肩から下、腰までを撮ったそうです。


そして「出ました。脊髄腫瘍です。」と言ったそうです。



初めて自分の足の痛みが判明した喜び・・・



そして衝撃的な「腫瘍」と言う言葉に真っ白になって「悪性ですか?」そう聞き返すのがやっとだったとのことです。


その3に続きます

ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 22:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

病気の話

知人の話です。


その人は足の激痛に悩まされていました。それはもう尋常ではない痛みだったそうです。


痛みに絶えかね仕事を休み、病院で検査して貰ったそうです。


結果は・・・


「どこにも異常がない」


信じなれない、そんなはずはない、と沢山の病院に通いましたが、どこの病院でも腰のMRIの撮影をし、なんの異常も出ないので「坐骨神経痛かな?」「少し様子を見ましょう」と痛み止めの薬を渡されて「一ヶ月後来てください。」と帰される。


2年以上もそういう繰り返しだったそうです。


そうしている内でも脚の激痛はひどくなるばかりで、夜も眠れない状態が続いたそうです。


原因がわからない痛みに襲われる


その不安、精神的なつらさ尋常ではなく占いやお祓いなどを試してみたりしたそうです。


占い師さんに言われた「毎夜0時に塩を撒きながら、呪文を唱えなさい。」も試してみたそうです。


馬鹿馬鹿しい。いつもなら到底信じられないことも、もう「神にすがる」つもりでやったそうです。


それぐらい追い込まれていたのでしょう。


長くなるので次回に続きます。

ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 21:04 | Comment(3) | TrackBack(0) | 健康の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

強敵!パレンチノ

最近は忙しい日が続いてます。


それでもダイエットの一環でやってるXaviXのボクシングだけは暇を見つけてちょこちょこやってます。


こつを掴むと結構面白いんですよ。



すぐ汗だくになっちゃいます。



今はエキスパートクラスまではいけるのですが、このパレンチノにコテンパンにやられちゃいます。


0419_7.JPG


0419_3.JPG


0419_2.JPG



0419_1.JPG



0419_4.JPG


ジャッキーの言葉も悔しさを掻き立てるのですが、何より悔しいのが娘のほうがいい戦いをすることです(笑)
タグ:XaviX


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

体重が減ってきました。

このブログのランキングを確認


ダイエットプロジェクトを開始して1ヶ月以上立ちますが、途中経過のご報告。


現在忙しいこともあり実際実践できているのは・・・


@ウチケンの栄養アドバイスサービスの『控えるべき食品』を心がけて食事をすること。


AXaviXのボクシングを家で20分ほどやること。



上記、2つだけ・・・(汗)



で、現在の体重は・・・


0408.JPG



一時期は最大86Kgからですからだいたい6Kgぐらい減りました。



忙しいこともあり不規則になりがちな食事ですが、『控えるべき食品』は守るようにしてます。



目指せ!75Kg!!


タグ:ダイエット


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

運動も大事!(xavix編)

このブログのランキングを確認


近頃は健康管理に注意するようになり、カロリーなんかも意識するようになりました。



ですが・・・



それだけではなんだか物足りない。



やっぱりキッチリ運動もするべきだ!




と、考えて今やってるのがこちらです。



xavixのテレビゲーム!


xavix.JPG


ボクシング

xavix2.JPG



野球


xavix3.JPG





実は・・・昔は硬派な野球少年だったんです!



あの日の思い出しつつ、毎日250キロカロリー分ぐらい汗を流してます!



結構面白いですし、なんだかハマりますよ、xavix!

ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

健診の結果が来ました!

このブログのランキングを確認


以前記事に書きました、ドクターシーラボのデメカル血液検査セットの結果が届きました。



肥満度と中性脂肪が若干高めですが、まずまずではないでしょうか?



RESULT.JPG




早速、ウチケンのサービスに登録してみました。




フムフム・・・




今日のオススメの献立は・・・




甘塩ざけ
KONDATE.gif



えびのオーロラソース

KONDATE2.gif



具だくさんのコーンスープ

KONDATE3.gif



その中から今日は甘塩ざけを食べました。




これから少しずつ途中経過を載せながら健康になっていく過程をレポートしていきます。

ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

今年の花粉「飛散最速」

このブログのランキングを確認


長野県では今年例年より2週間早く花粉飛散が確認されたそうです。


今年は飛散量は少なめと予想されていたようですが、一貫した暖冬の影響でスギ花粉は平年より半月ほど早く飛び始めたとのこと。


----------------------------------------------------

環境省によると、首都圏のスギ花粉は例年、2月中旬に飛び始めるが、今年の飛散開始は東京1月31日、千葉2月5日、埼玉6日、神奈川7日で、その他の地域でも半月ほど早かった。全国的にみても22日時点で飛散開始が確認されていないのは、スギ花粉がほとんど飛ばない沖縄を除き、北海道と青森、秋田を残すのみとなった。
 花粉の飛散量には前年夏の日照量と雨量が影響するとされる。日照と雨が少なければ花の芽が育たず、翌春の飛散量も少なくなるという。昨夏は全国的に梅雨明けが遅かったため、同省は1月末、スギ・ヒノキ花粉の飛散量を「平年並み〜平年の20%程度」と予測していた。
 同省環境安全課は「スギの花芽は気温が低い時期に休眠するが、今年は暖冬の影響で休眠に入るのが遅いとされた。ところが、年が明けても暖かく、目覚めるのが早まった」と推測。ただし「花粉の総量は少ないだろう」として、飛散終了が早まる可能性も見込む。
     *
 一方で、飛散量が多い可能性を指摘する声もある。岡本美孝・千葉大学教授(耳鼻咽喉(いんこう)科)は、「南関東では昨年より花が多い。これまで飛散量が2年間続けて少ないケースはあまりなかった。昨年は花粉が少なかったので、木はエネルギーをためていたかもしれない」と推測する。
 さらに飛散開始が早く、インフルエンザなどの風邪が流行している時期に重なったこともあり、花粉症との区別がつきにくくなっているという。岡本教授は「花粉症は、ほぼ必ず目のかゆみを伴う。逆に、高熱が出ればインフルエンザなどと考えた方がいい」とアドバイスする。


詳細はこちらから
タグ:花粉症


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

線維筋痛症(せんいきんつうしょう)

このブログのランキングを確認


日本テレビのアナウンサーが亡くなったニュースで線維筋痛症(せんいきんつうしょう)という病気があることをはじめて知りました。



治療研究の現状の記事が出いていました → こちらです



「肌に服が触れただけで痛い。風が当たっても痛い。顔も洗えず、歯も磨けない。トイレで排せつしようにも、力が入らない。」

と、患者の苦しみは深く、大変な病気です。


厚労省の調査では、日本の患者は推計で全人口の約1.7%。女性が8割以上を占め、年齢は50代が最も多いとのこと。


原因については・・・

『長く原因不明と考えられてきたが、同研究班班長の西岡久寿樹・聖マリアンナ医科大難病治療研究センター長は「過度なストレスや外傷などで、痛みを和らげる神経系の『ブレーキ』機能が低下しているようだ」』とのこと


治療法については・・・

『経痛の治療薬「ノイロトロピン(商品名)」が、痛みのブレーキを利きやすくする働きがあることが分かり、治療効果が出始めている。運動療法やカウンセリングの効果も確認されている。
 西岡さんは「数年前に比べ、対処できる病気になってきた。早期に適切な治療をすれば、1〜2年で半数以上の人の症状が改善する。おかしいと感じたら早めに専門家を訪ねてほしい」』とのこと


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

冬場の肌の手入れ

人気ブログランキング←応援ありがとうございます。


冬場は空気が乾燥して辛いですよね。


冬場の肌の手入れについてYAHOOにニュースが載っていたのでご紹介します。


冬場は、寒さや身を切るような風、乾燥や室内暖房が原因で、皮膚が乾燥してかゆみやひび割れが発生したり、唇に亀裂が生じ、湿疹、乾癬(かんせん)、脂漏(しろう)が悪化する。

そこで、米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院(ボストン)のDeborah A. Scott博士は、下記のような冬の厳しい環境から肌を守る簡便な方法を推奨する:

・水分補給:水分を十分摂取することは、体全体を健康にし、皮膚の保湿を体の内側から助ける。8オンス(約227cc)グラスの水を1日8杯以上摂取する。

・シャワーは短めにぬる目で:長時間熱いシャワーを浴びると体の脂分が洗い流される。温度は華氏90度(約32℃)までで、10分以内に済ます。

・マイルドなスキンケア製品を使用:アルコール分非含有の、敏感肌用クリーム、軟膏、ローションが最適。デオドラントや抗細菌石鹸、また、香料やラウリル硫酸など刺
激薬含有の石鹸やシャンプーは使用しない。

・保湿:シャワー直後に皮膚を押さえて乾かし(こすらない)、保湿剤を塗布する。一日中保湿できるよう、旅行用容器にローションを入れて携行する。

・スクラブは注意して:軽めのスクラブは、古い角質を除去する助けとなるが、過度に行うと皮膚を刺激して乾燥させる。軽いスクラブを週1回とする。

・加湿器を使用:セントラルヒーティングは、室内湿度を10%まで低下させる。使用頻度の高い部屋に加湿器を備え、湿度を30〜50%に設定する。

・日焼け止めを使用:冬場はSPF15の日焼け止めを塗布する。ゲレンデやビーチで休暇を過ごすならそれ以上のSPFとする。

・唇を保護:唇には皮脂腺がないため、特に乾燥しやすい。潤そうとして舐めてはいけない。石油系か蜜蝋由来のリップクリームを塗布する。


配信元はこちらです。
タグ:美肌 健康


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

若年成人での高血圧は心肥大のシグナル

僕も高血圧なんですが、こんな記事が発表されました。


血圧の高い若年成人では拡張型心筋症のリスクのあることが、進行中のアメリカ先住民の心血管疾患調査であるStrong Heart Studyのデータで明らかになり、米医学誌「Circulation」1月8日オンライン版に掲載された。

今回の研究は、平均年齢26.5歳のアメリカ先住民1,944人を対象に行われたもので、被験者のうち、294人(15%)が高血圧症、675人(35%)が高血圧前症(prehypertension)だった。高血圧前症は、かつては正常高値血圧、正常血圧と呼ばれていた血圧領域を含むもので、収縮期血圧(SBP)が120〜140mmHg未満、または拡張期血圧(DBP)が80〜90mmHg未満のものをさす。至適血圧は120/80mmHg未満とされる。

高血圧症や高血圧前症は、左室壁肥厚や左室心筋重量(LVM)増加、左室肥大など、心臓の構造変化のリスクを高め、その結果、心血管疾患のリスクを上昇させる。研究では、左室肥大は、正常血圧者に比較して高血圧症者で3倍、高血圧前症者で2倍高かった。


詳しくこちら

ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

国民医療費、過去最高の32兆円

厚生労働省によると2004年度に病気やケガの治療のため医療機関に支払われた医療費の総額(国民医療費)が32兆1000億円となり、過去最高を2年連続で更新したとのこと。

これは国民所得に対する割合でいうと8.89%にもなるそうです。

詳しくはこちらに記述されてます


これから高齢化社会が進むにつれて、医療費はますます膨らんでくるので、いかにして病気にならずに健康に生活するのか、ということが今よりもっと大事になっていくと思います。




ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

インターネット、マスメディアの健康情報にリスクがあることをご存知ですか?その2

こんばんは。

人気ブログランキングに登録しました。宜しかったらクリックしてくださいね。

では前回のコラムの続きです。


次に日本の予防医学、医療制度についてふれなければなりません。
現在、厚生労働省の提唱する医療診療報酬制度に課題があるのかもしれません。病気の治療に対する決められた定額払いが現在広く展開しようとしています。例えば、完治していなくても退院を促されることもその制度の課題とも言えます。これが米国を参考に作成された制度です。
これに比較される人頭制度(英国式)があります。人頭制度とは利用者は予め自分の利用する医師や病院に登録し、医師や病院は、その登録患者数によって定まった額の診療報酬を実際の医療サービスの提供とは関係なく、事前に受け取る方式です。
さらに、この制度の査定基準に用いられる指標は、患者の満足度、単位当たり入院数が少ないこと、平均入院日数短いこと、専門医への紹介、検診、地域に密着したフィットネスへの紹介などがあり、査定に達成しない場合、病院は報酬を受け取れない仕組みになっています。従って医師は、予防医学への知識を深くし患者が病気にならないような食事改善、運動指導を行い、英国は比較的日本と同様高齢国でありながら医療費の肥大化が食い止められています。

予防医学とは言葉にすれば簡単なことです。病気にかかる前に最適な食事、適度な運動ができていることが予防なのです。
しかし、その判断が上記のように自己責任であったり、ある一点をとれば正しいのですが、その人にとって間違った健康情報であったり、総括的に判断しなければならない場合、個人の知識では不可能であることが多いのです。

自己責任であることには変わりないので、我々は様々な健康情報を選別して、より信頼のできるパートナー、相談・指導ができる企業、かかりつけ医を見つけなければならないのです。 このように日本が予防医学に力を入れると言うより、診療の質の向上よるコストダウンに力が注がれています。

このように、自ら予防医学に関心を持ち、古きを温めて新しきを知る精神で再度日本の良き食文化を見つめ直す時がきたのではないでしょうか?




ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

インターネット、マスメディアの健康情報にリスクがあることをご存知ですか?その1

こんにちは。

現在インターネットがかなり普及して、色んな情報があふれています。

これはとても便利な状況ですが、あまりに情報が氾濫しているため、自分にとって有益なのかどうかを受け手が判断せざるを得なくなっています。

以前、インターネット情報のリスクについてコラムを書きましたので引用させて頂きます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日本では、ダイエットに関心のある女性、貧血気味の女性が多く存在しています。
では上記の日本女性は日常どのようなことに心がけるのでしょう。
食事改善から入るケースが多く、ダイエットに関心のある方は炭水化物を控え、貧血気味の方はレバーなどを多く摂取しているようです。
では、本当にその食事改善は正しいのでしょうか?

例にある炭水化物ダイエットは、炭水化物を抜いて動物性食品を過剰に摂取するということにつながるので、生活習慣病になる可能性が非常に高いです。その結果、最も重要な脳への血流が悪くなる為、頭痛や倦怠感につながります。
また、悪徳なサプリメント(下剤と利尿薬まじりの痩せ薬)と併用することで状況は更に悪化する危険性が高いのです。

もう一つの、貧血気味の方がレバーをとることは良いのですが、
総コレストロール・中性脂肪の血液検査値の高い方が過剰摂取してしまうと、高脂血症の危険性が伴います。その結果、動脈硬化が進み、脳の動脈が詰まれば脳梗塞、心臓の動脈が詰まれば心筋梗塞を起こします。

生活習慣病とは、大きく糖尿病、脳卒中、心臓病、高脂血症、高血圧、肥満を指しますが、毎日の不摂生な食習慣の積み重ねにより引き起こされる病気です。日本人の死亡要因の3分の2が生活習慣病だと言われています。
このリスクを回避しなければ、真のダイエットや食事改善はありえないのです。

日本はご存知の通り平均寿命第1位の国です。
平均は81,9歳(出典:世界銀行2003)で、男女別では
男性は78.3歳、女性は85.2歳(厚生労働省、「2002年簡易生命表」)となっています。
更に日本人の平均寿命は2050年には90歳を超える(米民間人口研究所のマウンテンビュー・リサーチ社) と言われています。
その主要因は食文化、特に和食文化にあると言われていますが、上記のようにインターネット、マスメディアの健康情報に汚染されてきています。


その2に続きます。



ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク
ドクターシーラボ ドクターシーラボ ドクターシーラボ
医療機器、材料の情報と医師紹介、医師 転職登録を無料にて提供 meddev.jpg
健康になる為に、食生活からの改善を支援しています。健診情報を入力することで本人に取って適切な食品をアドバイス致します。本人に適した毎日の献立メニューを提供しております。情報は無料にて提供しております。メタボ健診対応。 drfood.jpg
個人が培った経験をみんなでシェアできる為の情報サイトです。 ダイエット食品比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。