mes.gif

無料!
健康ヘルスメータ・ドクターフードでは血液検査を入力するだけで、その人に必要な栄養素365日分の献立やレシピなどの栄養アドバイスサービスが無料でご覧になれます。

安全!
勿論SSLにて暗号化して通信しており、個人情報の保護も徹底しておりますので安心です。

簡単!
サービス開始には↓をクリックし、下の新規登録ボタンから血液検査の結果を入力するだけです。

『超安心レシピメーカー』はこちらからどうぞ。パソコン版/携帯版
toroku.gifドクターフードバナー

2009年09月18日

コーヒー飲用+運動はメタボリック症候群対策に有効

 (社)全日本コーヒー協会(東京都中央区)は2009年9月10日都内で「第13回コーヒーサイエンスセミナー」を開催した。
 コーヒーの健康効果について2つの講演が行われ、東京自慈恵会医科大学臨床検査医学講座教授鈴木正登氏は「メタボリック症候群に及ぼす運動とコーヒー飲用の効果」について発表。ヒトを対象に一過性のコーヒー飲用後に中程度の運動を負荷するなどで脂質燃焼が亢進するか否かを確認した実験では、一杯のコーヒー(カフェイン4mg/KG)飲用によって、1時間後には血圧上昇、心拍数低下、エネルギー代謝が有意に上昇した。さらに飲用1時間後に中等強度のトレッドミル走を30分負荷した結果、運動後のエネルギー代謝の亢進の持続が確認された。
 コーヒー飲用と運動併用の繰り返し効果を検証するため、メタボリックシンドローム危険因子への影響も調査。運動およびカフェイン単独投与よりも、運動とカフェイン併用の方が体重減少が顕著で、筋肉重量が有意に多く、内臓脂肪重量の合計が最も低かった。こうした結果から「メタボリック症候群の危険因子改善にはコーヒーの飲用と運動の併用が望ましい」との見解を示した。
[2009年9月10日/健康美容EXPO]

詳細はこちらです。

コーヒーといっても甘い缶コーヒー等では効果はなさそうですね。甘い缶コーヒーは糖分がものすごいそうですが、微糖なのってどうなんでしょうね、そんなに糖分入ってない気もしますが。

ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 00:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

メタボ薬開発に道

 京都大学物質―細胞統合システム拠点の上杉志成教授と東京大学の酒井寿郎教授らのチームは、細胞内で脂肪の合成を妨げる化合物を発見した。発見した化合物は「ファトスタチン」で人工合成で安価に作れる。 マウスにこの物質を与えたところ、食べ過ぎても糖尿病や脂肪肝になるのを防ぐことができた。糖尿病などを招くメタボリック症候群の治療薬開発の足がかりになる成果だ。
 肥満になりやすいマウスを2つのグループに分けてほぼ同じ量の餌を約1カ月間食べさせたところ、餌と同時に化合物を注射したマウスは肝臓での脂肪合成が抑えられ、餌だけ食べたマウスに比べ太り方が遅かった。また、血液を調べると、餌だけのマウスは血糖値が高く糖尿病や脂肪肝の状態になっていたが、化合物も与えたマウスは発症していなかった。

詳細はこちらです。

「食べる前に飲む」といった胃腸薬のように、将来は「食べる前に肥満防止薬を飲む」といったようになるのですかね。安心してついつい食べ過ぎてしまったり…


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク
ドクターシーラボ ドクターシーラボ ドクターシーラボ
医療機器、材料の情報と医師紹介、医師 転職登録を無料にて提供 meddev.jpg
健康になる為に、食生活からの改善を支援しています。健診情報を入力することで本人に取って適切な食品をアドバイス致します。本人に適した毎日の献立メニューを提供しております。情報は無料にて提供しております。メタボ健診対応。 drfood.jpg
個人が培った経験をみんなでシェアできる為の情報サイトです。 ダイエット食品比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。