mes.gif

無料!
健康ヘルスメータ・ドクターフードでは血液検査を入力するだけで、その人に必要な栄養素365日分の献立やレシピなどの栄養アドバイスサービスが無料でご覧になれます。

安全!
勿論SSLにて暗号化して通信しており、個人情報の保護も徹底しておりますので安心です。

簡単!
サービス開始には↓をクリックし、下の新規登録ボタンから血液検査の結果を入力するだけです。

『超安心レシピメーカー』はこちらからどうぞ。パソコン版/携帯版
toroku.gifドクターフードバナー

2010年09月30日

クラウド・仮想化は企業のローコスト経営のキーワード。しかし光と影がありクラウドを検証の為コストがオンプレミス(現状)より高いこと注意。光はデータセンターのサーバ約千台の中、毎日4台程度は何らかの障害であるが翌朝対応で放置。つまり地方で安価な労働力で運営が可能。

クラウド・仮想化がまさに企業のローコスト経営のキーワードとなっていますが
光と影の部分についてITコンサルタントとしての見解を少し述べたいと思います。

光の部分は
データセンターのクラウドサービスに於いて仮想サーバ1000台中の4,5台が
落ちても一部の性能が微量に劣化するにみで基本放置、障害は翌朝対応する。
10年前にはありえなかったことである。運用のパラダイムシフトが現場では
起こっているのです。
昔は障害対応は2時間以内、ポケベルが深夜2時になりタクシーで駆けつける
ことは仮想化サーバでは必要がないのです。つまり比較的地震の少ない地方で
クラウドサービスをすることが理想なのです。人件費が比較的低い沖縄に
データセンターが増えているのはその理由です。

では影の部分
実際に基幹システムを仮想化マシンに運用できるのでしょうか?
答えはできます。10年前のサーバスペックは今や仮想化サーバの
1Coreで十分こなせるのがデータ上証明されています。
またHadoopをはじめとする分散仮想化技術、及びKey Value Storeによる
分散データベースCassandra(カサンドラ)により32ノード同時に処理を
させて32分の1の処理時間でバッチ処理が本当に回せるのでしょうか?
答えはできます。10年前は分散した結果をマージすることやどれか1個が
NGであった場合のリランの対応が標準ソフトウェアとして存在しなかったので
難易度が高すぎました。
実現するためにどれだけの検証のコストが必要なのでしょうか?
結果的に現状のオンプレミスな環境の延命が一番コスト安だったり
するのが現実の答えです。

もちろん分散発想と旧来の一極集中のいいとこどりができれば
企業のローコスト経営が実現できるのです。

私の中にはベンダーの製品を融合してソリューションとして
提供できるアイディアは整いつつあります。
他のベンダーも同様に、クラウドで上記のようなジレンマに遭遇して
徐々に解決策が仮想化技術のスパイスのような役割で広がることが
近未来としてでてくると思われます。

別途技術検証後ご報告させていただきます。

ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 02:06 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

【竹中平蔵さん講演に於いて】菅直人内閣に対して小泉純一郎元総理の川柳「自民党らしさがでてきた民主党」の通り自民党政権時代の再現。最悪にも海外拠点で利益をあげる企業はGDP7%35兆円で失った雇用が69万人、空洞化拡大中。孫正義さんや柳井正さんに内閣を任せたい

本日(9/21)知人の案内により竹中平蔵さん講演を聞きに行きました。
正直竹中平蔵さんは質疑応答の中で様々なオブジェクションしっかりと
自分の言葉で斬新に説明するあたり本当にすばらしい方だと感銘を受けました。
講演は約1時間で内容は現在の低迷する日本経済の課題と対策を明確に説明されました。
私がブログで記載してきたことと同じ発想であることや、私の疑問に対する
答えがあったことなど、私にとって有意義でした。
菅直人総理の雇用最優先、以前の消費税増税等、小泉純一郎元総理の川柳
「自民党らしさがでてきた民主党」と卑下される通り自民党政権時代の
官僚主導を繰り返しにより、マクロ経済的な発想が皆無であり経済成長が
全く見込めない状況。しかし前原誠司外相、玄蕃氏・海江田氏の経済司令塔
起用は高く評価されていました。前原さんに於いては将来総理大臣になるかただ
とも仰っていました。そういう意味でニュートラルな評価だと思いました。

はやり問題はこのままの民主党政権では空洞化を拡大させるだけで
日本国の企業が海外にほとんどの製造拠点を移し、さらなる雇用不安が
大きくなることです。
日経新聞に載っていましたが日本が海外の拠点での利益は35兆円でGDP7%相当
失った雇用が69万人だそうです。
竹中平蔵さんが仰っていましたが法人税は一気に20%まで削減すれば、
日本が変わったとこぞって海外企業が日本でのビジネス展開を考えるはず
その減資は国債であるがまさにこのために投入すべき。
なぜなら国債これから10年プライマリーバランスを回復するために
実質国債は250兆円必要、10兆程度を今決断できなくて経済成長が
全くなかったらもっと大きな負債になるとご説明されました。
本当にその通りだと思います。一部その減資に子供手当を撤回することで
6兆円を経済対策に回すという話に会場から「少子化はどうなるのか」という
質問があがりましたが、民主主義は国民の要求全部を聞くのではなく
「今は経済成長なくしては雇用拡大や子育てはできぬ今は我慢が必要」
という強いリーダのメッセージがあれば立て直せると説明されました。
このあたりが私が感銘をうけたところです。

かなりの毒舌もありました。質問に対して、政治家はある意味、
自分の名前を連呼して、自分の名前のたすきをつけて、大声を出す
というのは普通の人にはできない、つまり変人であり、このような選挙制度
ではよい国会は作れない。経営で成功を遂げた人たち、経済原理を理解した人
たちが国を運営できればこんなことにはならない。

ほんとうにその通りです。私もソフトバンクの孫正義さんやユニクロの柳井正さん
たちが経営に成功した人が集う政党ができればいろんな可能性が
生まれてくるのだと思います。私も一応経営者として参加したかったのですが・・・


ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 23:04 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

日経9/1大機小機「日銀の物価調整能力」を読んで、日銀の力 もすでに弱まっているとのこと。0.1%の中の金利引き下げ幅や規制緩和枠も限定的。みのもんたさん、もっと国民が元気になるトークを求む

日経9/1大機小機「日銀の物価調整能力」にも記載されていましたが、日銀の力
もすでに弱まっているとのこと。0.1%の中の金利引き下げ幅や規制緩和枠も限定的
日経平均が日銀介入で200円あがり、1日経てば効力なく、
次の日には300円下がる状況、東証1部の8月のマーケットはネット証券出没
以来最低のぎりぎり1兆円という水準まできているようです。

エコポイント延長や法人税5%下げ案等どれも特効薬にならなそうな
感じです。

労働賃金の下方柔軟性が進む中、企業はどこに投資をしてよいか本当に
悩んでいると思います。
クレイトン・クリステンセン著書の「イノベーションのジレンマ」に見る
No1の企業が持続的技術にしがみつき衰退していくのは、破壊的技術を
牽引するグローバル化が影響するのだと思いました。

銀行がバーゼルUに翻弄され自己資本比率縛りで企業にお金が回らない
企業も留保金を投資に回さないことは悲劇です。
グローバル化をにらんだ破壊的技術を企業がマーケットからニーズとして
見つけ出さないと韓国に日本のブランドを全部とられてしまします。

消費税・国債について、みのもんたさんのような影響力のある人が経済に
荷担してはいけないと思います。
実際に一昨日の日経でも45%の国民が消費税増税に賛成と言うことです。
増税にさまざまな問題を提起してくれている人もいますが、
この結果はショックです。国が衰退する驚異や危機感から消費は美徳
であることをみのもんたさんが声を上げるべきです。
また、バランスシート不況によりどんどん国民の給与が下がっていること
をみのもんたさんに話してほしいです。
国債も同様で借金ではなく、身内から借りているだけ、何の不安もない
お金持ちの国民が日本国のために提供しているのでいくら増えても
大丈夫。経済効果に対して国債をどう有効利用をどうすべきかに論点
をかえて頂きたいところです。

ランキング 応援ありがとうございます

blogrank.gif にほんブログ村 健康ブログへ bnr03.gif ブログランキング
posted by SR at 07:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大機小機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク
ドクターシーラボ ドクターシーラボ ドクターシーラボ
医療機器、材料の情報と医師紹介、医師 転職登録を無料にて提供 meddev.jpg
健康になる為に、食生活からの改善を支援しています。健診情報を入力することで本人に取って適切な食品をアドバイス致します。本人に適した毎日の献立メニューを提供しております。情報は無料にて提供しております。メタボ健診対応。 drfood.jpg
個人が培った経験をみんなでシェアできる為の情報サイトです。 ダイエット食品比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。